接客販売の魅力とは

溝口久喜さんの紹介

私は、人と話すことがそれほど上手いとは自分では思っていません。だからこの販売の仕事は向いていないと思っていました。でも、店に出勤して仕事をしていると他の社員から本当に溝口久喜は本当に聞き上手ですねと言われました。お客様の話を真摯に優しく聞き流しているだけの事を多くの人が勝手に勘違いしてくれているので販売の売上げが上がっています。

 

この仕事をしていて良かったと思ったこと

私自身は、服を買ったりすることは、ほとんどないのでお客様の服装を見たり話を聞いたりするだけで今のトレンドが分かるので店のいらなくなったものなどを安く買い取りをします。常に2.3年程前の設定ですがあまり気にしません。服にそれほど興味を持たない人間が2.3年落ちでも一時。流行していた物を安く購入できることが良かったと思っています。

 

この仕事をしていて「逃げたい」と思ったこと

私の仕事をするスタイルは、自分から必死にファッションを学んで仕事をするスタイルではありません。訪問されたお客様の話を聞いて、言いたいこと言ってもらい買ってもらうのは私のスタンダードなのですが、私が販売員だからといって上から下まで私のセンスに任せると言って指示通り揃えさせて頂いたことがあります。購入されて三日後に全て返品されました。あなたのセンスの意味が全く理解できない。これを着て何処へ行くのか教えて下さい。と紙に書かれていました。返品してきたものをどう着るのか教えて欲しいと思いました。

カテゴリー: 職種別の働く魅力   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク